症候性てんかんに効果のあるラミクタールの副作用

小児期に多く見られる症状に症候性てんかんがあります。その症状はほとんどが発作的におこり体や意識に異常が現れますが、発作は人によっても違いがあり、一瞬で終わるものから回復までに時間を要するものまで様々な症状があります。例えば、意識がなくなった後に全身硬直の状態となりけいれんをおこしたり、また、意識はあるもののけいれんを起こして、その後に短い時間に意識を失ったりする場合もあります。原因としては、脳に何かしらの生涯や損傷があって引き起こされることが知られており、幼少期の場合には先天性奇形や出産前後に起きた脳障害、また、脳の感染症、大人の場合には、脳腫瘍や髄膜炎などの脳疾患や脳外傷などを理由にあげることができます。
症候性てんかんの治療法としては、現在、薬の処方によって対処がなされており、ラミクタールが用いられています。ラミクタールは、もともと、抗けいれん剤として開発されており、その成分であるラモトリギンは、興奮性の神経伝達物質の遊離を抑制することができるために過剰な興奮を抑える効果を持っており、てんかん発作の予防を行うことができます。また、単剤療法だけでなく他の抗てんかん剤と併用することによって効果をあげることができます。
ラミクタールは、症候性てんかんんには有効な薬剤として知られていますが、使用する場合には副作用に注意が必要となります。主な副作用としては、単剤両方の場合、発疹や頭痛、まためまいや胃腸障害などの症状が出る場合があり、併用療法においては、意識がぼんやりしたり、めまい、肝機能障害、また複視などを発症してしまう場合があります。症状が現れた場合には、使用するのをやめて、医師や薬剤師に相談をする必要があります。また、発熱や目の充血、貧血症状、食欲不振や黄疸など、日常生活をする上で異変を感じた場合にも医師への相談が大切なことになります。