ラミクタールはてんかんや難治性うつに処方される薬

ラミクタールは基本的にはてんかん薬として処方されていますが、それ以外にも双極性障害や難治性うつなどの治療薬としても効能が認められています。てんかんや難治性うつなどに処方される抗うつ剤は、人によってはからだへの負担が強く出ることもありますが、ラミクタール錠は一般的な抗うつ剤が使用できないような人でも比較的飲みやすく、その症状が改善されることも多い薬です。処方としては他の薬との併用がない単一で利用する場合には、まずは1日1回1錠を目安にはじめ、そのてんかんや難治性うつなどの状態や効果を診ながら徐々に増やしていき、最もその人にとって最もよい、適正な量を見極めていくのが一般的です。比較的副作用なども少ないとされていますが、やはり薬ですので何らかの副作用が出る場合もあります。ラミクタールの副作用としては一般的には頭痛や発疹、あるいは傾眠という意識障害などが報告されています。このような症状や発熱や目の充血などの症状があらわれた時には、すみやかに使用を中止し医師の診察を受け、指示に従うことが重要です。てんかんや難治性うつに効果の高いラミクタールは、基本的は継続して飲み続ける必要のある薬です。病院などで処方されるのが一般的ですが、現在では通販などでも購入することができます。その場合、医師の診察のもと飲むことができないので、いっそう用法容量などはきちんと守って厳密に服用することが大切です。継続して飲むことが必要なためその値段などもチェックする必要があります。ラミクタールにはジェネリックなどもありますので、通販などで購入する場合には、信頼できる業者かどうかをきちんとチェックして購入することが重要です。